プラネタリウム・ガイド

プラネタリウムを楽しむコツ:基本編

アンケートに答える

これまでは「今の番組」を楽しむコツをご紹介しましたが、今回は「次の番組を楽しむコツ」です。

プラネタリウムに実際に行ってみて、「想像していたのと違う」と思ったことがある方も多いでしょう。
特によく耳にする(ような気がする)のが「星の話が少なかった」という声。やはり多くの方が、星のお話を聞きにプラネタリウムに足を運ばれるんですね。
一方でアニメのキャラクターものの番組では、キャラクターの登場を待ちきれない子どもたちが、星空解説の間に「ねえ、まだ始まらないの〜?」と騒ぎ出してしまう、なんて笑えない話もあったり。
万人に喜ばれる番組というのは、なかなか難しいものです。

各施設のスタッフは、どんな番組がより多くの人に喜んでもらえるか、満足してもらえるかを必死に考えていますが、それでも観客の反応はなかなか伝わりにくいもの。時には上記のようなことも起こってしまいます。
そこで施設によっては、生の声を拾い集めようと、番組についてのアンケートをとっているのです。

もし皆さんがアンケートへの協力を求められたら、この機会を大いに活用しましょう!
というのもスタッフは、こうして集めた声を、私たちの想像以上に一つ一つ真剣に受け止め、参考にしているのです。「もうちょっとこうしてほしかった」「次はこういう番組が見たい」という声が多く届けば、きっと次からの番組に何かしら反映されていくことになるでしょう。
つまり、あなたが書いたアンケートの内容が、番組の内容を左右するかもしれないのです。

アンケートを求められると、書かない人や、適当に書いて出してしまう人もいますが、これは実にもったいない!ぜひあなたの意見をしっかり書いて、次の番組を「自分が見たい番組」に近づけようではありませんか!

ただしイチャモンや冷やかしはダメですよ!そういう回答は、たとえ他にいいことを書いたとしても相手にされなくなってしまいます。でも、たとえ厳しいことを書いたとしても、それが「良い番組になるように」真剣に書いていることが伝われば、スタッフはちゃんと受け止めてくれるはずです。
(ただ、あまりにもマニアックな意見やあきらかに少数派の意見では、採用はむずかしいでしょうけれど…まあそこは参考意見ということで、書くだけ書いても差し支えないでしょう…笑)

老舗旅館の女将や腕のいい板前さんが「お客様に育てられた」なんていうのを聞きますが、プラネタリウムも観客の声で育っていくものかもしれませんよ。

≪ 基本編「コンサートを見に行く」へ戻る|基本編「 」へ進む ≫|